おでこのハゲの定義|どれくらいでアウトなの?

おでこがハゲているのか知りたい…

ハゲだと周りから指摘されたことはないけれど、おでこの広さが気になる…。

このように感じている方も多いのではないでしょうか。

前髪がスカスカしてくるとヘアスタイル全体に影響し印象も変えてしまうので、できれば広くなるのは避けたいですよね。

では、自分のおでこはハゲているのかどうか、判断する基準はあるのでしょうか?

今回はおでこハゲの定義や、有効な対策方法をいくつかご紹介します!

自分のおでこにコンプレックスを抱えている方は、要チェックです。

ハゲに定義はあるか?

ではハゲの定義とはどのようなものなのでしょうか?

当然ですが、もともとあった髪の毛が徐々に薄くなっていく症状が見られているのであれば、それは薄毛になっている証。

薄毛のタイプは大きく分けて2つあります。

1つは髪全体が少なくなりボリュームダウンする薄毛と、もう1つは部分的に少なくなる薄毛。

原因によってはハゲ方も異なりますが、男性の場合は後者のタイプが多いのです。

おでこの場合は徐々に髪の毛が後退していき、上から見たときに生え際の剃り込み部分がM字に見えることから、「M字ハゲ」とも呼ばれます。

例えば昔の写真と比べてみて明らかにおでこが広くなっている、と感じたらハゲが進行しているサインでしょう。

広いおでこに定義はあるか?

おでこが広い=ハゲているとは必ずしも言いきれません

なぜなら、生まれつきおでこが広い方もいらっしゃるからです。

では薄毛とは異なる、広いおでこに定義はあるのでしょうか?

結論から言うと、広さについて定義をするのは難しいでしょう。

顔の大きさでも変わってきますし、そもそも人によって広い狭いの感覚も異なります。

しかしそんな中、ハゲかどうかの境界線を作るため、「おでこは何センチ以上あると薄毛か?」というアンケートを実施した会社があります。

それは、数々のスカルプケア商品を世に生み出してきたアンファー。

次の項目では、そのアンケートの調査結果をご紹介していきますね。

おでこの広さは何センチでハゲか?

さて、では気になるアンケート調査結果を見てみましょう。

世間では、おでこが何センチあるとハゲに見られてしまうのでしょうか?

ずばり、男性の43%、そして女性の46%は、「7cm以上」あると薄毛だと感じると回答したそうです。

ここで言うセンチとは、眉山から、髪の毛の生え際までを最短距離で結んだ長さです。

おでこの平均の広さは5〜6cmと言われているので、今回の回答結果は結構シビアに感じられますね。

また、顔全体の3分の1を上回る長さがあっても、ハゲに見られやすいとも言われています。

しかし先述のとおり、広さはある程度生まれつきもあるので、あくまで参考程度に留めておくようにしましょう。

おでこがハゲたらやるべき3つのこと

おでこが7cm以上あれば必ずしもハゲと言えるわけではありませんが、薄毛だという印象を与えてしまうのは事実。

また、元々はそんなにおでこが広い方ではなかったのに、最近気になるようになってきた。

そんな方は今すぐに対策を始める必要があるでしょう。

ハゲは基本的には進行性のもの。

改善が難しくなるほど進行させてしまう前に、おすすめの対策方法を3つご紹介します。

① 育毛剤を試す

1つ目の対策は、育毛剤を使うことです。

おでこのハゲは、どちらかと言うと男性に多く見られる薄毛の症状です。

何故なら、おでこの髪の毛が後退するM字ハゲはAGA(男性型脱毛症)の典型的な症状の1つだからです。

前髪がスカスカとしてしまう現象は女性にも全く起こらないわけではありませんが、やはり発症数で言えば男性の方が多いのです。

そんな男性特有の薄毛に悩まされている方におすすめなのが、薬用プランテルEX

AGAの原因の男性ホルモンを作り出す5αリダクターゼを抑え、抜け毛を予防する効果が期待できるペブプロミンαを独自配合

M字ハゲの症状に使える育毛剤はこれまでにもありましたが、AGAに対抗することに特化して作られている育毛剤は珍しいんですよ。

リニューアル後から早くも口コミで話題となり、2019年2月現在は生産が追いついていないほどの人気っぷり。

気になる方はお早めに注文しておくことをおすすめします。

公式サイトはこちら

② 生活習慣の見直し

2つ目は生活習慣を見直すことです。

おでこのハゲはAGAの症状の1つと言いましたね。

AGAの発症のしやすさは遺伝で決まるとも言われていますが、実際は生活習慣が引き金となることも少なくありません。

特に睡眠不足、ストレス、喫煙などは、髪の毛の成長を阻害する要因となるものです。

睡眠不足は髪を成長させるホルモンの分泌を滞らせてしまいます。

ストレスやタバコのニコチンには、栄養素を髪に届ける役割を持つ血管を収縮させるはたらきがあります。

このような生活習慣に心当たりのある方は、1日どこかにリフレッシュする時間を設け、睡眠時間をしっかりと確保することが大切ですよ。

タバコもいきなり止めるのは難しいですが、おでこハゲを改善することを目標とするのであれば、徐々に本数を減らしていってくださいね。

③ 飲食の内容を見直し

最後にあげる対策方法は、食生活の見直しです。

食べたものから体が作られていくように、髪も日々の食事の栄養素をもとに作られていきます。

そのため、食生活が乱れていては髪の毛の成長がストップしてしまうのも必然とも言えるのですね。

まずは、髪の毛を成長させるために必要な3大栄養素をしっかりと摂ることを意識しましょう。

その3大栄養素とは「ビタミン・ミネラル・タンパク質」のこと。

タンパク質は髪の主成分となる栄養素で、ミネラルはそのタンパク質から髪の毛を作り出すために使われます。

そしてビタミンは血管を健康に保ったり、髪の毛の細胞の代謝を助けたりする役割を持っています。

どれか一つ欠けてもおでこのハゲを促進させてしまう原因になるので、なるべく日々の食事でバランスよく摂るように心がけましょう!

広いおでことハゲはどちらも対策が必要か?

ここまでおでこハゲの対策方法をご紹介してきました。

後天的に薄毛になってしまったのであれば、ほとんどが進行性のものなので、早急に対策をする必要があるでしょう。

もともと広い方の場合も、気になるのであれば対策をするのが吉です。

とは言え、生まれつきのおでこの広さは生活習慣やAGAなどが原因ではなく、遺伝によるもの。

そのため、生活習慣の見直しや育毛剤を使用しても残念ながら広いのが改善する可能性は低いでしょう。

しかし、規則正しい生活や育毛剤は、さらにおでこが後退するのを防ぐためには有効な対策なので、やっておいて損はありません。

どうしても狭くしたい!という方は、植毛という選択肢もあります。

生まれつき髪がない箇所にも髪を移植することができるので、気になる方は植毛クリニックを調べてみてはいかがでしょうか?

ハゲでもおでこが広くても早期発見と対策が大事

もし、最近おでこが広くなってきたなと感じているのであれば、今すぐに対策をとることが必要です。

薄毛に気づくのが早ければ早いほど、改善しやすく進行を食い止められる可能性も高くなるでしょう。

そのためには、日頃から鏡などで前髪の状態をチェックしておき、髪の毛の変化を見逃さないことが大切です。

昔の写真と今の姿を比べてみる、広さを測っておく、親族におでこの広い人がいないか確認しておく。

などもあわせてチェックしておくと、ハゲているかどうか判別しやすくなりますよ。

まずはおでこの状態をしっかりと把握し、今回ご紹介した内容を参考にしつつ対策を始めてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です