AGAで悩む人はパーマをしても大丈夫なの?

AGAとパーマの関係性について

AGA(男性型脱毛症)が原因で、薄毛に悩む方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

もしパーマをすることで髪の毛をボリュームアップし、薄毛をカバーできたらうれしいですよね

しかし、パーマをすることで薄毛を進行させてしまうという噂を耳にすることもあります。

果たして、パーマをすることで薄毛を進行させてしまうことはあるのでしょうか?

今回は、AGAとパーマの関係性について解説していきたいと思います。

【本題】AGAだとパーマはダメなの?

それでは、本題に入りたいと思います。

AGA(男性型脱毛症)の方がパーマをかけることはダメなのでしょうか?

先に結論を申し上げると、AGAの方がパーマをかけることは、あまりオススメはできません

その理由を説明する前に、まずは男性の薄毛の原因について解説してきたいと思います。

男性ホルモン「DHT」

DHTとはジヒドロテストステロン(dihydro testo sterone)の頭文字をとった略称です。

一体、DHTとはどのようなものなのでしょうか?

DHTとは、テストステロンと酵素5αリダクターゼが結びつくことで生成される、強力な男性ホルモンです。

このDHTが生成されることにより、ヘアサイクルが乱されてしまいます。

ヘアサイクルが乱されることによって、髪の毛の成長気が短くなり、脱毛が強制的に行われてしまうのです。

このような働きから、DHTはAGAの直接的な原因とされているのです。

遺伝子

AGAによる薄毛は、遺伝すると言われています。

直接的なAGAの原因は、男性ホルモンの「DHT」であることは説明しました。

なにが遺伝してAGAになりやすくなるのかというと、DHTを生成する5αリダクターゼの量なのです。

当然のことながら5αリダクターゼの量が多ければ、DHTが多く生成されることにつながります。

しかし、遺伝によって必ずAGAになるわけではありません

薄毛を意識し、常に心掛けることで、AGAになる可能性を低くすることは可能といえます。

生活習慣

生活環境もまた、薄毛の大きな一つの要因になります。

まず、睡眠時間の乱れは、髪の毛の成長に不可欠な「成長ホルモン」の分泌を乱します。

喫煙は、男性ホルモンを増やしてAGAの原因を作り出し、血管を収縮させ頭皮の血流の悪化に繋がります。

また過度のストレスは、体内代謝や血流、ホルモンのバランスを乱し、抜け毛の原因になります。

そして、生活環境の軸ともいえる食生活も大切な部分です。

偏った食事は、発毛・育毛に必要な栄養素が不足し、ホルモンバランスを崩すことがあります。

バランスの取れた食事を心がけましょう。

これらを一度に改善するのは難しいので、自分ができることからはじめてみましょう

パーマが与えるダメージ

ここまで、男性の薄毛の原因について解説してきました。

男性の薄毛は色々な原因が折り重なって発症していることが、おわかりいただけたかと思います。

それでは、なぜAGAや薄毛になった方がパーマをかけることについて、お勧めできないのでしょうか?

続いては、パーマが髪や頭皮に与えるダメージについて解説していきたいと思います。

髪へのダメージ

パーマを行う際には、働きの違う2種類の液剤を使用します。

この液剤は髪の毛の中のケラチンに液体を浸透させるために、髪の毛を保護している「キューティクル」を剥がしていきます

その理由は、キューティクルが開かないと、髪の毛の中に成分を浸透させる事ができないからです。

髪のバリアであるキューティクルを壊してしまうので、髪の毛はパサパサになってしまいます。

そして必然的に傷つきやすくなってしまうのです。

これがパーマをすると、髪の毛が傷んでしまう大きな原因です。

頭皮へのダメージ

次に頭皮に与えるダメージについて解説したいと思います。

パーマを行う際にする液剤は髪の質を変えていきますが、この薬の中に、アルカリ性の成分が多く含有されているのです。

その成分が、頭皮に付着してしまうと頭皮が炎症を起こしてしまい、頭皮環境が悪化してしまいます。

パーマをかけた人ならば、頭皮に違和感を感じたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はこれがアルカリ性の成分によって、頭皮が炎症を起こしている証拠なのです。

これが頭皮にダメージを与え、頭皮環境を悪化させて、薄毛にしてしまう原因です。

パーマをする時の注意点

パーマが頭皮や髪の毛に対して、どのようなダメージを与えるのかおわかりいただけましたでしょうか。

パーマは、AGA(男性型脱毛症)の原因とはなりません

しかし、頭皮環境の悪化によって薄毛を助長してしまう可能性は大いに考えられるでしょう。

なので、薄毛で悩みを抱えているのであれば、極力パーマは控えるのがベストな選択です。

しかし、一度かけてしまうと、なかなかやめることができないのが現状です。

そこで、ここでは極力頭髪へダメージを与えないための注意点をご紹介したいと思います。

頻度について

まずはパーマをかける頻度を見直しましょう

例えば、毎月のようにかけることになれば、当然髪の毛や頭皮のダメージは大きくなります。

短いスパンだと、炎症が収まる前に更なるダメージが加わります。

すると、炎症はひどくなり、頭皮環境も更に悪化していくと考えられます。

今まで2か月に一度行っていたのであれば、3か月に一度にするなど、頻度を減らすようにしましょう。

トリートメントについて

パーマによって、髪の毛や頭皮にダメージが加わることは、既にご理解いただいたかと思います。

受けたダメージを劇的に改善させることはできません。

そのような時には、トリートメントを使用して傷んだ髪の毛をケアしていきましょう。

トリートメントには、保湿やツヤを出す効果が期待できます。

どの商品を使ったらいいのかわからない時には、美容師さんに相談してみるといいかもしれませんよ。

美容院について

最近、パーマができるセットが販売されるようになり、家庭で手軽に行えるようになりました。

費用のことを考えると、自分で行いたくなりますよね。

しかし、パーマにはテクニックが必要であり、液剤は刺激の強い薬品です。

自分では、髪に塗っていると思っていても、気づかないうちに頭皮に薬品がついてしまうこともよくあります。

失敗して後悔する前に、パーマはプロの手で行ってもらうようにしましょう。

頭皮トラブルについて

頭皮の赤みや湿疹、痒みやフケが出るのは、頭皮が炎症を起こしたり、乾燥している証拠です。

それは頭皮環境が悪化しているということを意味します。

その状態で、更にパーマをかけるということは、更なる抜け毛を助長するといえ、絶対に避けなければなりません

頭皮のトラブルがある時は、パーマは控えるようにしましょう。

またパーマをかけたことによって頭皮トラブルを起こしてしまった場合は、かならず病院に受診しましょう。

AGAならパーマは正しくやりましょう!

今回はAGAとパーマの関係性について解説してきました。

AGAの方がパーマをかけることについては問題はありません。

しかし、頭皮環境が悪化する可能性、毛髪が傷んでしまう可能性は考慮しなければなりません。

頭皮環境が悪化、毛髪が傷むとは、薄毛が進行してしまう可能性を意味しています。

AGAの方でもおしゃれを楽しみたいですし、薄毛をカバーできたら嬉しいですよね。

そのような時には、自分でできるケアをおこなって、ダメージを極力少なくしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です