チャップアップが厚生労働省に認可されたって本当?詳しく解説

チャップアップが厚生労働省に認可された!?

育毛に効果が期待できる育毛剤として大人気のチャップアップ

果たしてチャップアップが厚生労働省に認可されている商品だということは、本当なのでしょうか?

結論を申し上げますと、チャップアップが厚生労働省に許可されたのは本当です。

厚生労働省に許可されたと聞くと、無条件に信頼できるような気がしますよね。

しかし、そもそも厚生労働省の認可とはどのようなものなのかご存知でしょうか?

ただ無条件に厚生労働省を信用するのではなく、どのような商品だからこそ厚生労働省から許可が下りたのか。

そこを知ることで、チャップアップの凄さをより実感できるのではないでしょうか?

チャップアップが厚生労働省に認可された内容

チャップアップは医薬部外品です

もちろん厚生労働省認可といっても、色々な部類があります。

チャップアップは、医薬部外品として厚生労働省から許可を得た商品になります。

医薬部外品の言葉の中には「医薬」が入っているので、とても効果がありそうな気がしてしまいます。

しかし、部外品という言葉が表現している通り、純粋な医薬品ではありません。

医薬品と医薬部外品では、大きな分類の違いがあるのですが、混同しやすいのも事実。

それぞれの特性を知ったうえで、自分に合ったものを使用していきましょう。

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の違い

チャップアップは、医薬部外品として厚生労働省から許可を受けた育毛剤と説明してきました。

しかし、実際インターネットで検索すると、医薬品、医薬部外品、発毛剤、育毛剤などの情報が入り乱れています。

どの情報を信用すればいいのかわからなくなってしまいますよね。

そこで、以下では「医薬品」と「医薬部外品」、そして「化粧品」の違いについて整理していきたいと思います。

①医薬品

医薬品とは?

医薬品とはいわゆる治療薬のことを意味します。

厚生労働省によって認められた成分を一定以上含んでいることから、基本的に病気や症状に対して効果があると立証されているものです。

エビデンス等がしっかりとデータとして揃っているものが、医薬品の扱いを受けることになります。

実は薄毛治療にも医薬品に分類されているものがあり、それが発毛剤になります。

「プロペシア」「ミノキシジル」が該当し、大きな効果が得られる反面、副作用などのリスクが伴うことも特徴です。

②医薬部外品

医薬部外品とは?

「医薬品」「医薬部外品」は混同されがちですが、全くの別物になります。

医薬部外品とは、医薬品の条件を満たしていないが、こちらも指定された成分を一定以上含有していることが条件になっています。

そのため医薬部外品のチャップアップに「発毛効果がある」などの表現をしてしまうと、薬事法違反に該当することになります。

医薬品と医薬部外品は似ているようで、全く違うものと考えておく必要があります。

育毛剤の場合、ほとんどがこの医薬部外品に該当し、あくまでも「育毛効果」があるとした記載することはできません。

インターネットの育毛剤の情報では、この点について混同されがちなので、正しい情報を得るようにしましょう。

③化粧品

化粧品とは?

化粧品は、医薬品、医薬部外品にも該当せず、フケや痒みの防止など頭髪環境を整えるための商品です。

例えば、ヘアトニックや養毛剤などは化粧品に分類されるものが大多数といえます。

なので、当然医薬品にように「~が治る」などの表現をしていると薬事法違反になり得ます。

したがって、発毛や育毛の効果を期待して、化粧品に分類されるヘアケア商品を使用しても、期待通りの結果を得ることはできません。

この違いを理解したうえで、自分に合ったものを使用していきましょう。

厚生労働省の認可に関する注意点

ここまで「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の違いについて説明してきました。

それぞれに違いがあることがおわかりいただけたかと思います。

そこで本題の医薬部外品についてですが、いくつか注意点があるので説明をしていきます。

効果が証明されたわけではない

効果が証明されたわけではありません

医薬部外品の育毛剤で最も注意しなければいけない点は、効果が立証されているわけではないところにあります。

つまり、効果がないことや、非常に小さな効果しか見られない場合もあります・・・ということになります。

毎日育毛剤を使用していく中で、少しずつの変化を期待していくのが正しい育毛剤の使い方になります。

そもそも育毛剤は頭、頭皮の環境を良くし「今ある髪の毛を健康にする」ことを目的にした商品です。

抜け毛の予防を目的とし発毛を期待している方は、育毛剤で満足いく結果は得られないでしょう。

育毛剤に頼りすぎてはいけない点はまさに、この部分にあるといえます。

認可されたのはチャップアップだけではない

認可されたのはチャップアップだけではありません

今回は厚生労働省の認可された育毛剤としてとしてチャップアップを紹介しました。

しかし多くの人気育毛剤が、厚生労働省の許可を得ている医薬部外品に当てはまります。

医薬部外品と認定されている育毛剤は、効果が立証されていないといわれております。

しかし、効果が立証されていないものが人気育毛剤になりえるはずはないですよね。

それは個人の体質が影響していることもあれば、成分が影響していることもあるでしょう。

また多くの育毛剤が発売されている中、それぞれに研究も行われております。

言葉に惑わされず、自分に合った育毛剤を選ぶことが大切になります。

チャップアップ以外に認可された育毛剤

そこで、チャップアップ以外に医薬部外品として厚生労働省から認可された育毛剤にはどのようなものがあるのでしょうか?

生存競争の激しい現代社会、それぞれの会社が独自に開発した育毛剤が多く存在しています。

気になった育毛剤がありましたら、ぜひ公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

薬用ポリピュアEX

薬用ポリピュアEXには、独自成分バイオポリリン酸が配合されています。

ほかにもセンブリエキス、ニンジンエキス、グリチルリチン酸ジカリウムの3種の有効成分を配合。

これらの成分が育毛のみならず、かゆみフケなども予防する働きに効果が期待できるものになっています。

この薬用ポリピュアEXは7年連続でモンドセレクション金賞を受賞するほど、品質の高い育毛剤として評価されています。

また産後の脱毛を予防する効果がうたわれている通り、女性も安心して使用することができる育毛剤です。

公式サイトはこちら

BUBKA ZERO

BUBKA ZEROは、チャップアップと同じように知名度が高い育毛剤です。

こちらも医薬部外品として認められている育毛剤なので、気長に継続して使用されることをオススメします。

BUBKA ZEROには海藻エキスM-034のほか、センブリエキス、グリチルリチン、トコフェロールの3種の有効成分を配合。

ほかにも、ビワ葉エキス、ホウセンカエキス、オウゴンエキス、ジオウエキス、チョウジエキスが頭髪環境を整えてくれます。

また無添加なので、肌が弱い方でも安心して使用することができますね。

定期コースの場合は30日間全額返金保証もついてくるので、初心者の方でも安心です。

公式サイトはこちら

ナノアクションD

ナノアクションDはサントリーが開発して育毛剤です。

配合成分・酢酸DL-α-トコフェロールによって血行を促進し、髪の毛を育てやすくしてくれる効果を期待することができます。

他にも有効成分センブリ抽出液など、約40種類の成分を配合しています。

また液剤を頭皮に浸透させることにこだわって、Wナノを採用しています。

こちらもお得な定期コースなどもありますので、気になった方は一度HPをご覧になってはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

まとめ

ここまで厚生労働省の認可、育毛剤について解説してきました。

そしていくつかの厚生労働省から許可がおりている育毛剤もご紹介させていただきました。

しかし、探せば探すほど、中々決められないということもありますよね。

そこで、AGA通信でもおすすめの育毛剤は、やはり厚生労働省から許可がおりている育毛剤の中でもチャップアップです。

チャップアップには多くの成分が配合されているのはもちろんのこと、永久返金保証書もがついてきます。

そして購入後のアフターケアも充実しているので、初心者の方には特におすすめの商品になっています。

気になった方は公式サイトをご覧の上、使用を検討されてみてはいかがでしょうか?

チャップアップの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です