プロペシアを中断して再開するとどうなるのか?

あなたがプロペシアを中断してしまった理由は?

AGA(男性型脱毛症)に大きな効果があると、正式に認められているプロペシア。

しかし、プロペシアを中断してしまう人は少なくありません。

中断してしまう理由は、人によってさまざまあるでしょう。

では、なぜプロペシアをやめてしまう人が後を断たないのでしょうか?

考えられる理由2つのうち、あなたは当てはまらないかチェックしてみてくださいね。

費用面での継続が厳しかった

プロペシアを使っていく上でネックになるのが費用でしょう。

プロペシアは、クリニックで購入しようとすると1ヶ月分およそ5,000円〜7,000円が相場になります。

その上診察代なども含めると8,000円〜10,000円になってしまうことも。

はじめのうちは払えても、長期間となると毎月払い続けるのは厳しいという人が多いようです。

さらに、ミノキシジルとの併用などを考えると、薬代だけで1ヶ月あたり2万円前後になることが多いでしょう。

つまり、年間で25万円前後も薬代にあてなきゃいけないため、決して金銭的負担が少ないとは言えませんね。

また、AGAの治療は自由診療となるため、治療費はすべて自己負担となってしまいます。

クリニックでは費用に応じた治療法を提案してくれるところも多いため、一度専門医に相談してみるといいでしょう。

効果が現れなかった

プロペシアを服用している人の中には、「まずは効果を見るために1ヶ月」と、短いスパンで効果を確かめようとしている人がいらっしゃいます。

しかし、AGAや薄毛の治療はどのような方法においても、1ヶ月や2ヶ月では効果はなかなかあらわれません。

これは、プロペシアの中に配合されているフィナステリドがAGAに効果を発揮するまでには、時間がかかるからです。

比較的早い人でも3ヶ月経ったころに産毛がチラホラと見えはじめ、6ヶ月目以降で見た目に変化が訪れはじめると言われています。

そのため試しに1ヶ月だけ使用しても、効果は感じられにくく、きちんと効果が出る前に諦めてしまう人が多いのですね。

多くのAGA専門クリニックでは、プロペシアは最低でも3ヶ月以上の服用を推奨していますよ。

再開しようとしている人必見!プロペシアの効果は引き上げることもできる

さて、この記事を読まれている方の中には、プロペシアの再開を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「プロペシアをもう一度試してみたい」「AGAをどうしても改善させたい…!」

このような場合、少し服用の仕方を変えるだけで、プロペシアの効果をより引き上げられるかもしれません。

では、どのような方法でプロペシアの効果を最大限引き出せるのでしょうか。

これから再開を検討している方は、要必見ですよ!

決まった時間にプロペシアを服用する

プロペシアを服用する際は、毎日同じ時間に飲むようにしましょう。

プロペシアの有効成分「フィナステリド」が、体内で効力を保つ時間は丸1日である24時間前後と言われています。

つまり、フィナステリドの濃度を一定に保つためには24時間間隔で飲むのがベスト。

また、服用する時間帯を決めておくと、飲み忘れを防止することにも繋がりますよ。

服用する時間帯は、朝・昼・夜のいつでも問題はありません。

しかしアルコールを摂取している時に服用すると、肝臓の負担が大きくなってしまいます。

そのため、飲酒の機会が多い夜は服用を避けたほうがいいのかもしれません。

万が一、「今日飲み忘れていた…!」と気づいたら、早めに飲むようにしましょう。

また、翌日に飲み忘れの分を合わせて2錠一気に服用すると思わぬ副作用を招くこともあるので、絶対にしないようにしましょう。

ミノキシジルと併用する

プロペシアと同じくらい、AGAの治療薬として活躍する場の多いミノキシジル。

ミノキシジルには発毛作用があり、発毛剤リアップシリーズにも配合されていることで有名ですね。

ミノキシジルとプロペシアは作用が異なるため、一緒に服用しても問題はありません。

クリニックにおいても、プロペシアの内服薬+ミノキシジルの外用薬というように、一緒に処方されることも多いですよ。

ミノキシジルやプロペシアは、個人輸入サイトでも購入は可能です。

しかし、サイトによっては偽物の業者がいたり、安全性が保障されていなかったりと、リスクも大きいものです。

そして、ミノキシジルもプロペシアも医薬品にあたり、副作用の危険性もゼロではありません。

万が一副作用が起きた場合に、迅速に対応するためにも必ずクリニックで処方してもらうようにしましょう。

ミノキシジルとプロペシアをうまく併用できれば、育毛効果もより高まるでしょう。

サプリメントとの併用

実はサプリメントにも、育毛に効果的な商品はさまざまあります。

最近は、大手育毛剤メーカーなどからも、育毛用サプリメントがよく販売されていますね。

育毛サプリは、生活習慣、とくに食生活が乱れがちな方にとってはとても便利な存在。

なぜなら、育毛には必要不可欠だけど食事だけではカバーできない亜鉛やタンパク質などの成分が、必要量配合されているから。

薄毛になってしまった人は、頭皮や髪の毛に栄養が行き渡っていないケースが多々あります。

そのため、サプリを使って効率良く栄養を届けてあげましょう。

サプリを選ぶ際は、なるべく育毛ケアに特化した商品を選ぶことがポイント。

このようなサプリには、髪の毛を成長させるための成分がバランス良く配合されている特徴があります。

とくに男性の場合は自炊が苦手な方も多く、食事のバランスが崩れてしまいがちなので、プロペシアに加えサプリで栄養補給することをオススメします!

改めて使用する際の注意点

「プロペシアの服用を再開しよう!」

そう決意した人に向けて、注意点がいくつかあります。

思わぬトラブルを招かないためにも、元気な髪を生やすためにも、ここをしっかりとチェックしておきましょう!

プロペシアの副作用

プロペシアは医薬品である以上、副作用のリスクも伴います。

国内の臨床試験によると、「性欲減退」や「男性器の不能」、「男性不妊症」が副作用として発症することがあるというデータが出ています。

他にもめまいや立ちくらみ、過呼吸などになることもあります。

また、稀ながらも肝機能障害という重篤な副作用も報告されているので、肝機能に心配がある方は医師に相談しましょう。

そして、男性は問題なく使用できるプロペシアですが、女性の使用は禁忌となっています。

とくに、妊娠中の女性は胎児の発達に影響を及ぼす可能性もあることから、プロペシアに触ることさえ禁止されています。

現在妊娠されているパートナーがいる方はもちろん、妊活を考えている方は、扱いに十分に注意するようにしましょう。

飲酒前後の服用はしない

先ほども少し触れましたが、プロペシアを服用するタイミングは飲酒とずらさなければいけません。

これは、アルコールには薬の作用を高めすぎる作用があるためです。

作用が高まると聞くと良さそうなイメージもありますが、副作用のリスクを高めることにも繋がり、とても危険なのです。

また、薬もアルコールも肝臓で分解されるため、飲酒前後に服用すると肝臓への負担が一気に大きくなってしまいます。

飲酒する予定がある場合は、少なくとも飲酒の3時間前までには服用するようにしましょう。

AGAを早く治すためにも、できればプロペシアの服用中は、過度の飲酒はしないように意識することが大事です。

プロペシアはクリニックでの処方がおススメです

プロペシアを手に入れる方法は、クリニックと個人輸入2つの方法があります。

確かにコスト面のことを考えると、個人輸入の方が安く手にはいるかもしれません。

しかし、買う際のリスクを考えると、やはりクリニックで処方してもらうことをオススメします。

また、クリニックによっては診察代はかからず、薬代のみで治療できるところも存在します。

そのため、個人輸入とそう変わらない値段で治療に取りかかることも可能ですよ。

そして、通院が難しい方のために、携帯やPCがあれば治療できる遠隔診察などのシステムを採用しているクリニックも出てきています。

クリニックは治療や効果についての不安点をいつでも相談しやすいこともメリットなので、ぜひ自分にあったクリニックを探してみてくださいね。

再度プロペシアについて知り、適切な方法で使用しましょう

一度はプロペシアを断念してしまっても、もう一度トライしてみたいと思っている方も多いはず。

プロペシアは高い効果がある分、服用の際には注意点も存在します。

プロペシアについて知っておくと効果を引き上げやすくなるので、今回の内容をぜひ頭の片隅にいれておいてくださいね。

諦めずに薄毛治療にとりかかり、元気で若々しい髪の毛を生やせるように頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です