トリートメントをシャンプー前にすると良いってホント?

トリートメントをシャンプー前にする?

あなたはトリートメントをする際には、シャンプーの前にしていますか?それともシャンプーの後にしていますか?

ほとんどの人はシャンプーで洗髪した後に、トリートメントを行っていることでしょう。

確かに、普通はシャンプーの後にトリートメントをするのが一般的です。

しかし最近、シャンプーの前にトリートメントを行うリバースケアが話題になっているのです。

今回はシャンプー前にトリートメントを行うリバースケアの利点と、正しいリバースケアのやり方について解説します。

トリートメントをシャンプー前にすると良いの?

普通に考えれば、せっかくトリートメントをしても、その後にシャンプーで洗い流してしまっては台無しな気がしますね。

ですが、実はシャンプー前にトリートメントをするのは、髪の毛にとても良い効果があるのです。

どんな効果が生まれるのか、以下で詳しく確認してみましょう。

髪に栄養を多く取り入れることができる

シャンプーをすると、当然、髪は濡れた状態になりますよね。

髪の内部まで水分が吸収されるので、その分、他の成分の吸収が阻害されます。

髪の内部までしっかりトリートメントの栄養分を浸透させたいと思っても、水分子が邪魔してしまうことになるんですね。

もちろんシャンプーの後であっても、トリートメントの栄養分はある程度は浸透します。

ですが、より多くの効果を出したいと考えるなら、濡れた髪よりも乾いた髪のほうがさらに効果が発揮しやすいと言えるでしょう。

髪に摩擦が起こるのを防ぐ

髪を優しく洗う…とはいえ、シャンプーは、本当は毛髪に負担がかかる行為です。

頭皮と髪をもみこむように洗浄するため、どうしても摩擦が起きるようになります。

しっかり泡立ててからシャンプーすることで、ある程度は摩擦を軽減することはできますが、それでも髪の毛に与える負荷は大きいです。

シャンプー前のトリートメントで毛髪を保護することによって、髪の摩擦を減らすことができます。

整髪剤の汚れを浮かす

毎日のヘアセットでは、ほとんどの人が整髪剤を使用しています。

ワックスなどのオイル系整髪剤はなかなか落ちづらいため、軽いシャンプー1回では完全に落しきれない場合もあります。

整髪剤が頭皮に残っていると、頭皮環境を悪化させてしまう原因にも…。

トリートメントの放置時間を利用して、トリートメントと整髪剤が溶け合って髪から浮かせるのを助けることができます。

その後にシャンプーをすれば、整髪剤もすっきりと落としきることができますね。

キューティクルを保護する

髪の毛は濡れると、キューティクルのウロコが開いたような状態になります。

むき出しになったキューティクルの髪の毛では、シャンプーで髪同士がこすれて髪が傷んでしまいます。

先ほどご説明した摩擦の問題も相まって、キューティクルがボロボロになってしまう原因にもなりますよね。

髪が傷んでからトリートメントで補修するよりも、あらかじめキューティクルを保護しておけば、傷む心配はないことになります。

この発想が、リバースケアの考え方です。

トリートメントをシャンプー前にするやり方

リバースケアの効果がわかったところで、それでは実際のやりかたをご説明しましょう。

とはいえ、基本的なやりかたは単純です。

これまでは「シャンプーの後に」だったトリートメントを「シャンプーの前に」するだけです。

順番を入れ替えるだけなので簡単ではありますが、せっかくならば、少しでもリバースケアの効果は高くしたいですよね!

より一層リバースケアの効果を高められる、ちょっとしたコツを伝授しましょう。

ブラッシングをする

お風呂に入る前には、あらかじめブラッシングしてから入るようにしましょう。

ブラッシングすることで髪の汚れやフケをある程度落とすことができ、トリートメントの成分が浸透しやすくなります。

からまった髪の毛をほぐしておくことで、濡れた髪同士がこすれ合うことも事前に抑制できますね。

毛の柔らかいブラシで、優しくブラッシングしましょう。

オイルをつけ10分ほど放置する

すぐトリートメントをつけても間違いではありませんが、その前にオイルパックをすると、よりリバースケアの効果が高くなります。

ツバキオイルホホバオイルなどの市販のヘアオイルを使い、簡単なオイルパックをしてみましょう。

手のひらに数滴ヘアオイルをたらし、髪の毛全体にもみこむようにつけます。

オイルの量は控えめにして、べったり油まみれにはしないようにしましょう。

特に乾燥が気になっている毛先などは、少しオイルを追加しても結構です。

乾いたタオルで頭部を巻き、そのまま10分ほど放置してオイルをなじませましょう。

トリートメントを重ねる

オイルを放置してある程度なじんだら、そのままトリートメントを重ね付けします。

トリートメントの前にオイルを洗い流す必要はありません。

ヘアオイルの油分とトリートメントを重ねることによって、オイルがトリートメントに溶け込んで緩やかに落とすことができます。

また、トリートメントもオイルの助けでスムースに広がりやすくなり、指どおりが良く髪全体になじませられます。

ヌルつきが残る程度に軽く洗い流す

トリートメントの放置時間を終えたら、一度お湯で洗い落とします。

ここでのポイントは、完全にはトリートメントを流しきらないようにすることです。

ある程度ヌルつきが残った状態でストップしてください。

この後のシャンプーで髪の摩擦を起こさないためにも、ある程度の油分が残っている方がベストです。

ただし、全く流していない状態では、シャンプーで洗浄がしきれなくなります。

「ベタベタ」から「ヌルヌル」の状態になるまでを目安にして、シャワーで流しておきましょう。

シャンプーをする

シャンプーを適量手にとり、手のひらでよく泡立ててから髪を洗いましょう。

頭皮を指の腹でマッサージするように、優しく揉むようにしてシャンプーします。

このとき、爪は立てないでくださいね。頭皮が傷つく原因になります。

しっかりシャンプーの泡で包み込んで、頭部全体をよく洗いましょう。

額や生え際、利き手の逆側など、洗い残しが出来やすい部分をしっかりチェックしながら洗浄してください。

再度トリートメントをつける

シャンプーを終えたら、再びトリートメントの出番です。

先ほどシャンプーで洗い落とされてしまったトリートメント成分を、改めて毛髪に与えてあげる必要があります。

また、シャンプーの前に1トリートメントをしていることで、毛髪内部にはまだ一定のトリートメント成分が残っています。

もう1回トリートメントをすることで、より毛髪の奥深くまでトリートメント成分を浸透させることができるのです。

1回目のトリートメントのときと同じように、髪全体につけてしばらく放置しましょう。

洗い流す

2回目の放置時間が経過したら、再び洗い流します。

今度はヌルつきが取れるまで、しっかり洗い流しましょう。

完全にヌルヌルが落ちても、髪の内部までしっかりとトリートメント成分は浸透されています。

頭皮と髪の毛がすっきりしたら、これでリバースケアは完了です!

ドライヤーで乾燥させて、サラサラ・ツヤツヤの髪の手触りを楽しみましょう。

シャンプー前のトリートメントの注意点

リバースケアを行なう際には、いくつか注意すべきことがあります。

間違った方法でせっかくリバースケアの効果を台無しにしないために、以下の2つの注意点を押さえておきましょう。

トリートメントは頭皮につけないようにする

トリートメントは、毛髪に良い効果を与えるための製品です。

育毛剤とは違い、頭皮に良い効果を与えるためのものではありません。

トリートメントを頭皮べったりと付けてしまうと、頭皮の毛穴に余分な油が入り込みやすくなります。

毛穴詰まりを起こして、頭皮環境が悪化する原因にも…。

シャンプー前のトリートメントで髪の毛が健康になっても、髪の毛を生やす大元の頭皮が不健康になってしまっては元も子もありません。

1回目も2回目も、トリートメントは頭皮には付けず、毛髪につけるようにしましょう。

トリートメントの放置時間を守る

どの製品であっても、トリートメントはそれぞれ適切な放置時間が記載されています。

使用する前には製品の説明書きをよく読み、記載されている放置時間に従いましょう。

これは通常のトリートメントであっても、リバースケアであっても同じです。

放置する時間が早すぎると、トリートメントは十分に毛髪の内部に浸透しません。

逆に、放置する時間をいくら長くしても、多く浸透するわけでもありません。

適切な放置時間を経過すれば、十分に髪の内部までトリートメント成分は浸透します。

一般的なトリートメントで推奨されている放置時間は5分~10分程度ですが、製品ごとに異なります。

使用前にはよく確認しましょう。

まとめ

今回はシャンプー前にトリートメントを行なう、リバースケアについて解説しました。

いつもの順番を入れ替えるだけでサラサラ・ツヤツヤの美髪が手に入るのですから、すぐにでも試してみたくなりますね。

枝毛、切れ毛などの髪のダメージに悩んでいる人は、ぜひ一度リバースケアを試してみてください。

きっと、自分でも驚くほどのつややかな髪を手に入れることができますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です