産後の抜け毛に葉酸は本当に効くの?

産後の抜け毛には葉酸摂取が効果的?

産後の抜け毛には効果的?

産後、多くのママを襲ってくるのが大量の抜け毛です。

ブラッシング時やシャンプー時に、大量の抜け毛を見て驚くママは多いのです。

産後の抜け毛は、自然現象であり病気ではありません。

しかし、毎日大量に抜け毛が発生するとなんとか食い止めたいですよね。

そんな時にママを助けてくれるのが「葉酸」です!

妊娠を望む女性には必要と言われる栄養素ですが、実は産後の抜け毛にも効果的と言われています。

では、本当に産後の抜け毛にこの栄養素の摂取が効果的なのかどうかを解説していきます。

産後の抜け毛はなぜ起こる?

産後どうして抜け毛が発生するの?

どうして産後は抜け毛が大量に発生するのでしょうか?

産後の忙しい時期に髪の毛が抜け続けると、不安になりますよね。

出産後は、育児に加えて家事もあるため多くのママが時間と戦う日々を迎えています。

そんな時に大量の抜け毛が発生すると精神的なダメージが大きいですよね。

どうして産後に抜け毛が発生するのか、まずは原因から学んでいきましょう。

原因を知ることで、解決策が分かってきますよ。

それでは、産後の抜け毛が発生する理由を以下に解説していきます。

女性ホルモンの減少

産後は女性ホルモンが減少する

産後の抜け毛の原因一つは、女性ホルモンが減少です。

女性の体は、妊娠すると黄体ホルモンである「プロゲステロン」が多く分泌されます。

これは体内に赤ちゃんが宿ることで、このホルモンをたくさん分泌させて流産を防ぐのです。

また、この際女性ホルモンである「エストロゲン」も分泌が増えて胎児を大きくします。

エストロゲンには、母乳を作るための乳腺も発達させる働きもあるため妊娠中は重要な役割を果たすのです。

しかし、産後は赤ちゃんが胎内からいなくなるためプロゲステロンの必要がなくなり一気に減少していきます。

その際、エストロゲンも減少してしまうため産後のママのホルモンが一気に減少してホルモンバランスが崩れてしまうのです。

精神的ストレス

精神的ストレスも抜け毛を増やす

産後の抜け毛は、精神的ストレスも大きく関係しています。

産後は抜け毛が起こることへのストレスや、慣れない子育てのストレスがありますよね。

また、子育てによる赤ちゃんのお世話や授乳で睡眠時間が少ないためママにはストレスがかかってしまいます。

さらに、食事がバランスよくしっかり摂れないこともママにはストレスとなっているのです。

産前と比較すると、一気に生活環境が変わるためママには心身大きな負担となっています。

これらがストレスとなり、産後の抜け毛を加速させているのです。

栄養不足

栄養不足も産後の抜け毛の原因に

産後の抜け毛は、栄養不足も原因の一つです。

産後のママの体は、赤ちゃんを守るために体の必要な場所から栄養が使われていきます。

特に母乳育児をしている場合、母乳に優先的に栄養が使われてしまうのです。

その結果、栄養が不足していると髪の毛や爪といった場所に栄養が行き届かなくなります。

栄養が足りなくなった頭皮や爪は、抜け毛が発生したり爪が割れたりするのです。

ミルク育児をしているママの場合は、ダイエットなどが原因で抜け毛が引き起こされる可能性もあります。

産後の抜け毛には葉酸が効く!作用は?

産後の抜け毛に効く葉酸の作用は?

産後はホルモンバランスが崩れることと、栄養不足により抜け毛が発生することが分かりました。

ホルモンバランスは自分ではコントロールできないのですが、栄養不足は努力次第で改善できそうですよね。

それでは、産後の抜け毛に効果的と言われる葉酸について解説していきます。

葉酸で産後の抜け毛が改善するのかどうか、またどのような作用があるのか学んでいきましょう。

産後の抜け毛で悩んでいるママはもちろん、現在妊娠中の方も必見ですよ。

また、今後妊娠を望んでいる方も今のうちから予習しておくことをおすすめします。

造血作用がある

造血作用がある

葉酸とは、ビタミンB群の一種で植物の葉に多く含まれている栄養素です。

ビタミンB12と共に、赤血球を造るので「造血のビタミン」とも呼ばれています。

この栄養素は細胞の分裂や、成熟を大きく左右するため特に胎児にとっては必要な栄養素です。

ママがこの栄養素を十分に摂取することで、胎児の先天異常である神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができます。

しかし不足すると胎児に影響が出るほか貧血を起こしたり、皮膚炎や肌荒れが引き起こされてしまうのです。

産後のママは、妊娠前よりも2倍の葉酸が必要と言われています。

この栄養素が不足しないよう、気を付ける必要があるのです。

ストレスを緩和させる

ストレスを緩和させる作用がある!

産後のママには、大きな精神的ストレスがかかることは解説済でしたね。

葉酸は、そんなママを助けてくれるのです。

この栄養素には、リラックス成分である「セロトニン」を生成する作用があります。

私たち人間の体は、ストレスを受けると自律神経が乱れて交感神経が優位になるのです。

その影響でセロトニンが分泌されなくなってしまいます。

しかし、葉酸にはこのセロトニンを生成してストレスを除去する作用があるのです。

心身多くのストレスを抱えてしまう産後のママにとって、この栄養素は重要な栄養素であることが分かりますね!

栄養素の代謝への働きかけ

栄養素の代謝へ働きかける

葉酸は、DNAやRNAなどの核酸やたんぱく質の生合成を促進する作用があります。

細胞の生産や再生を助けるなど、栄養素の代謝へ働きかけるのです。

そのため、体の発育にも非常に重要な栄養素と言えます。

また、ビタミンB群が豊富に含まれているこの栄養素は、「代謝ビタミン」とも呼ばれているのです。

この栄養素の作用である栄養素の代謝は以下の働きかけがありますよ。

  • ・神経を守り正常な働きをする
  • ・タンパク質の代謝、核酸の合成に関与する
  • ・脳の発育をサポートする

産後の抜け毛に効果的な葉酸の摂り方

産後の抜け毛に効果的な摂り方とは?

葉酸は、特に産後のママには非常に重要な栄養素であることが分かりましたね。

では、実際にどのようにすればこの栄養素を効果的に摂取することができるのでしょうか?

以下に、産後の抜け毛に効果的な摂り方について解説していきます。

葉酸サプリで摂取

サプリで効果的に摂取

産後の抜け毛に効果的な葉酸の摂り方としては、まずは葉酸サプリが挙げられます。

上記でも軽く触れましたが、髪の毛は細胞分裂が繰り返されて作られているのです。

サプリを摂取することで、この働きを活性化させることができます。

この栄養素は、水溶性ビタミンであるため水洗いや加熱調理によっておよそ半分ほどが溶けだしてしまうデメリットがあります。

食事による吸収率は、およそ50%と半分しかないのです。

つまり、食事だけでこの栄養素を摂取する場合は含有量の半分~4分の1程度しか吸収されないことになります。

一方でサプリに配合されている葉酸は、およそ90%と高い吸収率を誇っています。

厚生労働省も、葉酸の摂取にサプリを推奨しているほどなのです。

この栄養素は食事だけに頼ると不足しがちな栄養素であるため、サプリで摂取して不足分を補うといいでしょう。

食材や食事から摂取

食材や食事からも摂取

サプリも効果的に葉酸を摂取できますが、あくまでも不足分を補う健康食品にしかすぎません。

そのため、基本的には食材や食事からこの栄養素を摂取することをおすすめしますよ。

以下に葉酸を多く含む食材を紹介します。

・焼き海苔・味付け海苔・煮干し・パセリ・鶏レバー・煎茶・抹茶・牛レバー・青汁・豚レバー・わかめ・小麦胚芽・納豆・ほうれん草など

上記でも解説しましたが、この栄養素は熱に弱い栄養素です。

そのため、熱調理する際は、できるだけさっと調理するようにしてくださいね。

また、水洗いの際はつけ置きにせず短時間で済ませるようにしましょう。

味噌汁やスープなどに入れた場合は、汁も飲むことで無駄なくこの栄養素を摂取することができます。

産後の抜け毛の葉酸摂取の期間目安

産後が葉酸をどのくらいの期間摂取するの?

産後の抜け毛対策として、葉酸を摂取する場合どのくらいの期間続ければいいのでしょうか?

産後の脱毛がいつまで続くのか、いつまでこの栄養素が必要なのか気になりますよね。

葉酸を止めた途端に、抜け毛が増えるのも更なる心身のストレスとなります。

しかし、いつまで摂取するべきなのか気になっているママは多いのではないでしょうか。

それでは、産後の抜け毛対策として摂取する葉酸はいつまで続ければいいのか以下に解説していきます。

体がいつまでこの栄養素を必要としているのか、ママ自身の健康を保つためにもしっかり学んでおきましょう。

妊娠中から

葉酸は妊娠中から摂取しましょう!

産後の抜け毛対策として、妊娠中から葉酸を摂取することが望ましいのです。

これまで産後の抜け毛対策として葉酸がいいと解説してきましたね。

しかし、お腹に赤ちゃんを宿った時からママの体は変化を始めるのです。

摂取した栄養分は、優先的に赤ちゃんへと回されるためママへの栄養は後回しになります。

そのため、ママは妊娠前よりも栄養分や水分が必要となってくるのです。

厚生労働省からも、妊娠中の女性は葉酸については妊娠前と比較してプラス100mgが推奨量として定められています。

お腹の赤ちゃんを守るためにも、妊娠中からこの栄養素をしっかり摂る必要があるのです。

最低でも授乳期間まで

最低でも授乳期間まで

出産を終えても、ママの体はまだ妊娠前の状態には戻っていません。

出産後、元の体に戻るには半年~1年程度かかると言われています。

授乳育児をしている場合は特に、母乳へと栄養が回されるためママは母乳分の栄養も必要になってくるのです。

そのため、抜け毛対策として葉酸を摂取する場合は最低でも授乳が終わるまで摂り続けることが望ましいですよ。

母乳の原料は血液であるため、造血のビタミンと言われているこの栄養素を摂取することは母乳を作ることと同等と言えます。

授乳中のママが葉酸をしっかり摂取することで、赤ちゃんのご飯である母乳を作ることができるのです。

そのため、授乳が終わるまではこの栄養素をしっかり摂取するように努めてくださいね。

産後の抜け毛の葉酸摂取量目安

産後の抜け毛対策!どのくらい摂取したらいいの?

産後の抜け毛対策として、葉酸を摂取する場合摂取量を把握する必要があります。

上記でも軽く解説しましたが、葉酸を摂取する目安の量は以下の通りです。

妊娠前(成人女性推奨量) 1日240mg
産後・授乳中 1日340mg

しかし、目安量を聞いても実際にどのくらいの量が目安量か気になりますよね。

そこで、以下にこの栄養素を多く含む食材と100gあたりの葉酸含有量を以下にまとめました。

パン酵母 3800mg
焼き海苔 1900mg
煮干し 1500mg
パセリ 1400mg
煎茶・鶏レバー 1300mg
ほうれん草・大豆 210mg

産後の抜け毛に葉酸以外に摂っておきたい栄養素

それ以外に摂っておきたい栄養素とは?

葉酸が産後だけでなく、妊娠中から必要な栄養素であることが分かりましたね。

では、この栄養素以外に取っておきたい栄養素があるのかどうか気になりませんか?

この栄養素以外に、産後の抜け毛対策でおすすめの栄養素があれば知りたいですよね。

では、産後の抜け毛対策として摂っておきたい栄養素を以下に解説していきましょう。

タンパク質

タンパク質

産後の抜け毛対策として、葉酸以外に摂っておきたい栄養素はたんぱく質です。

たんぱく質はアミン酸から構成されており、人間の体を作るのに欠かすことのできない栄養素となっています。

髪の毛は90%以上がケラチンと呼ばれるたんぱく質で作られているのです。

そのため、たんぱく質の摂取が不足すると健康な髪の毛が作られず抜け毛や薄毛が引き起こされてしまいます。

たんぱく質を多く含む食材は以下の通りです。

・肉(牛肉→赤身、豚肉→ヒレ、鶏肉→ササミや胸肉)・魚(サバ、イワシなどの青魚)・卵・大豆(豆腐、味噌汁、納豆、豆乳、きなこなど)

亜鉛

亜鉛

牡蠣を代表とする亜鉛もまた、産後の抜け毛対策に摂っておきたい栄養の一つです。

亜鉛には、ケラチン合成の役割を担う効果があります。

そのため、亜鉛をしっかり摂っていると新しい髪の毛が生えたり髪が健康になるのです。

亜鉛を多く含む食材は以下の通りです。

・牡蠣・塩辛・パプリカ・ビーフジャーキー・スモークレバー・さば節・かたくちいわし・かぼちゃ・ココアなど

牡蠣は亜鉛が含まれる食材の中でも、群を抜いている優秀な食材です。

アミノ酸やビタミンも豊富に含んでおり、血中コレステロールを下げる効果も期待できます。

牡蠣を食べるときは、レモン汁をかけると亜鉛の吸収率が高まりますよ。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

産後の抜け毛に葉酸が効くのかどうかについて、理解して頂けましたでしょうか?

妊娠すると、栄養は胎児に優先的に運ばれるため妊娠中から抜け毛対策をする必要があります。

上記で解説した食材・食べ物を積極的に摂取するように心がけてくださいね。

また、不足分は葉酸サプリを活用して上手に栄養を摂取するようにしましょう。

産後の抜け毛は病気ではなく自然現象です。

抜けるストレスが抜け毛を加速させてしまうため、焦らずゆっくりと対策することをおすすめしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です