豆乳はM字ハゲに効く?頭皮への影響とは?

M字ハゲには豆乳!

M字ハゲが気になる方に、豆乳が効果的という噂を聞いたことはありませんか?

豆乳は昔から健康に良いとされており、薄毛にも効果があると言われています。

しかし、具体的にどのような作用が薄毛に良いかご存知でしょうか

今回はM字ハゲに豆乳がどのように作用していくのかを説明していきたいと思います。

豆乳ってそもそも何?

最近「豆乳」は、よく耳にしますよね。

しかし、そもそも豆乳とはどのようなものでしょうか?

おわかりの方もいらっしゃると思いますが、今一度おさらいのために解説していきたいと思います。

豆乳が気になっている方は必見ですよ。

豆乳に含まれている成分

豆乳は名前の通り、大豆から抽出した成分です。

大豆を水に浸し、すりつぶしたものを煮詰めて漉すことで、できあがります。

豆乳はコレステロールが低い割にタンパク質が豊富に含まれているため、ダイエットをする方には最適の飲料といえます。

また、タンパク質が分解されアミノ酸になることで、各器官で必要なタンパク質を再合成するための原料となります。

それではなぜ、M字ハゲにとって豆乳は効果的なのでしょうか?

この豆乳から取れるアミノ酸で、髪の毛を作るための補助をすることができるのです。

豆乳には注目されている成分が他にもあり、「大豆イソフラボン」と呼ばれる成分がそれに該当します。

イソフラボンとは何か?

イソフラボンはフラボノイド(植物色素の総称)の一種です。

大豆イソフラボンはその中でも、M字ハゲに非常に重要な働きをしてくれます。

ヒトの身体の中では、男性ホルモンと女性ホルモンがバランスを保って分泌されています。

しかし、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが増えてしまうことによって、抜け毛が増加してしまいます。

女性に薄毛が少ない理由として、女性ホルモンが男性ホルモンよりも少ないこと。

そして、女性ホルモンであるエストロゲンが髪の健康と成長を促すことが挙げられます。

では、薄毛を改善するためにエストロゲンを注入すれば良いのでは?と考えてしまいますよね。

しかし、男性に投与することで、乳房の女性化や性欲減退といった副作用が出てしまう恐れがあります。

そこで活躍するのが大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするので髪の毛の成長を促し脱毛を予防する効果が期待できるのです。

M字ハゲに豆乳がいい理由

ここまで豆乳の働きについておさらいしてきました。

なぜ、豆乳がM字ハゲに良いのかおわかりいただけましたか?

続いては豆乳がなぜM字ハゲに良いのか?その理由について、具体的に掘り下げていきましょう。

髪の栄養になって育毛する効果

先ほど説明しましたが、豆乳には良質なタンパク質が豊富に含まれています

そのため、体内に入り分解されることによってアミノ酸が生成されます。

すると、頭皮の栄養となり、髪の毛の成長を促す毛母細胞や毛乳頭細胞の働きを活性化させてくれるのです。

髪の毛が痩せ細って抜けてしまう原因の1つに、栄養不足によって髪の毛の成長が止まってしまうことがあります。

栄養バランスが崩れた食事をしていると、頭髪の健康を保つために必要な栄養素を十分に供給することができなくなってしまいます。

そうすると毛母細胞は休眠状態に入ってしまい、髪の毛が成長することができずに細くなってしまいます。

そして、髪の毛はやがて抜け落ちてしまい、M字ハゲとなります。

髪の栄養を考えて食事をすることは難しいかもしれません。

しかし、豆乳はその難しさをサポートする栄養を豊富に含んでいるのです。

細胞を活発にする働き

豆乳に含まれる栄養が細胞を活発にさせることは説明しましたよね。

そこで、豆乳に含まれるサポニンと呼ばれる成分も細胞を活発にさせる働きがあります。

サポニンは血液中のコレステロール・中性脂肪といった脂質を除去してくれる効果があり、血行促進にも期待することができます。

血液の流れがよくなると栄養素もスムーズに頭皮に送ることができ、間接的に細胞活性に貢献します。

それだけでなく、サポニンは抗酸化作用も持ち合わせています。

活性酸素によって働きが低下してしまった細胞を元気にし、また活性酸を除去することによって働きが低下するのを予防してくれます。

これらの効果が細胞を活発にしてくれるので、髪の毛の成長促進に期待ができるものとなっています。

イソフラボンがテストステロンの分泌を抑制

イソフラボンが、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをしてくれることを説明しました。

体内では、ホルモンバランスが絶妙な具合で整えられています。

そこで、女性ホルモンと同様の働きをすることで、相対的に男性ホルモンの分泌量が抑えることができます

抜け毛を進行させてしまうDHTは、男性ホルモンであるテストステロンと酵素である5αリダクターゼの結合によって生成されます。

そこで女性ホルモン量が多くなることでテストステロンの分泌量が減少します。

すると、結果的にM字ハゲを予防する効果が期待できることになります。

豆乳をオススメしたいM字ハゲの人

豆乳がどのようにM字ハゲに働きかけるのかおわかりいただけたかと思います。

そこで、豆乳を用いてM字ハゲを改善することを考えた時に、どういった人がおすすめできるのでしょうか。

次に解説していきたいと思います。

安価にM字ハゲの治療をしたい人

M字ハゲの治療を行う場合、クリニックへの受診を視野に入れる方はたくさんいらっしゃいます。

しかしクリニックで診察する場合は、保険適応外になります。

診察代のほかにも、薬代がプラスで発生してしまいます。

また植毛やメソセラピーといった施術を希望する場合も同じです。

ハゲ治療は保険適用外なので全額自己負担となると、決して安くはない費用がかかってしまいます。

それでは、育毛剤を使ってみようと考えた場合はどうでしょうか?

効果が期待できる育毛剤はそれなりに値段がかかりますので、大体1ヶ月で5,000円~10.000円前後かかると推測できます。

それらのことを踏まえると、豆乳は1L200円前後で購入することができるのがメリットですよね。

安価でM字ハゲ治療・対策をしたい方に、豆乳はオススメできると言えるでしょう。

まだM字ハゲの初期段階の人

次に豆乳の摂取をおすすめしたいのは、M字ハゲが初期段階の方です。

薄毛は初期段階であればあるほど、対処が早ければ早いほど改善するスピードが早くなります

また、豆乳によってホルモンバランスを整えることができます。

このDHTも徐々に多くなってくるので、対策が早ければ早いほど食い止めることができるといえます。

一方、M字ハゲが進行してしまっている方には、補助の役目に留まってしまうことを理解しておきましょう。

M字ハゲの治療をしたくない人

M字ハゲの治療をする場合、AGA治療薬「ミノキシジル」や「フィナステリド」など発毛薬を処方してもらうことが多いです。

これらは効果が国に認められている分、大きな発毛効果を期待することができます。

効果について認められている一方、副作用が発生するリスクも兼ね備えていることを忘れてはいけません。

場合によっては大きな副作用のリスクを背負うこともあるので注意が必要です。

そこで、副作用は絶対に避けたいと思われる方におすすめできるのが豆乳なのです。

発毛剤の副作用が気にかかっている方は、積極的に摂取されるといいでしょう。

M字ハゲに効く豆乳の種類

M字ハゲの治療に取り入れていきたい豆乳。

いざ購入しようとスーパーやネットで見てみると、色々な種類が存在しています。

豆乳を買ったことがない人などは、どの商品を購入すれば良いのか迷ってしまうかもしれませんね。

何気なく店頭に並ぶ豆乳にも、無調整・調整・豆乳飲料といったように細かく分類分けがされているのです。

以下では豆乳の種類について説明していきたいと思います。

無調整豆乳とは?

まず無調整豆乳から説明していきたいと思います。

無調整豆乳とは、大豆と水だけで作られ、それ以外になにも配合されていない純粋な豆乳のことを指します。

明確な定義としては、大豆固形分8%以上で大豆たんぱく質が3.8%以上とされています。

無調整と呼ぶだけあり、味も大豆本来の香りが楽しめるものとなっていますよ。

しかし、大豆が好きではない方にとっては飲みにくいのがこの無調整の特徴といえます。

調整豆乳とは?

かたや調整豆乳は、無調整を飲みやすいように手を加えたものになります。

水と大豆の他に砂糖や塩、乳化剤や香料といったように、その名の通り豆乳を調整してつくられています。

定義としては大豆固形分6%以上で大豆たんぱく質が3.0%以上のものを指しています。

この違いを知らないために、豆乳を買ってみると味のしないものや甘みのあるものがあり驚いてしまうこともあります。

ここは、あくまでも自分の好みで継続できるものを購入してみましょう。

豆乳飲料とは?

豆乳飲料は、調整豆乳にフルーツや紅茶、コーヒーや野菜の味を加えたもので、さらに味わいを楽しめる飲料になります。

一番飲みやすいのは、味にバリエーションがある豆乳飲料が挙げられます。

しかし、この3種類の中では一番豆乳の使用量が少ないといえます。

M字ハゲを改善することを考えた場合は、この豆乳飲料は一番効果が低いものだということを認識しておきましょう。

しかし、気軽に始める、豆乳が苦手な方にとってはおすすめです。

自分の好みに合わせてこの3種類を使い分けるようにしましょう。

イソフラボンを沢山含む成分「無調整豆乳」の特徴

豆乳にも3種類存在していることを説明してきました。

説明した種類の中で、一番イソフラボンを多く含む飲料は成分無調整豆乳であることはおわかりいただけたと思います。

では3種の中では最もm字ハゲに効果的といえる成分無調整の豆乳は、一体どのような特徴を持っているのでしょうか?

以下で説明していきたいと思います。

成分は大豆と水だけ

含まれているのは大豆と水だけである無調整豆乳。

無調整豆乳は、大豆を水に浸けてそのまま煮詰めて濾したものを封入しています。

調整豆乳や豆乳飲料に比べると大豆の含有量が多く、自然とイソフラボンの含まれる量も多くなります。

純粋な豆乳の味を感じることができるでしょう。

若干味に癖がある

しかし無調整の唯一の難点と言えるのは、味に癖があるところです。

一度飲んだことがある人ならばわかると思いますが、ほとんど無味に近いですが後味に大豆の香りが広がります。

大豆自体は甘みを有していないため、飲み物としては好みが分かれてしまうものに分類されるでしょう。

M字ハゲを治そうと無調整を飲んではみたが、味に癖があり続けられそうにないと思う方もいらっしゃるでしょう。

その時には、はちみつを加えてみたり、自分で飲みやすいようにアレンジをしてみると良いでしょう。

【最後に】M字ハゲは豆乳だけで大丈夫?

ここまで、豆乳がなぜM字ハゲに効果的なのかを説明してきました。

しかし結論として、豆乳の効果だけで頭皮環境を整え、育毛を促進するには、少々力不足といえるでしょう。

そこで、豆乳とともに使用することで相乗効果が期待できる、育毛剤の使用をお勧めしたいと思います。

ここでは男女別にオススメの育毛剤をご紹介したいと思います。

男性にはプランテルEX

男性用の育毛剤としておすすめしたいのはプランテルEXです。

もともと、M字ハゲ専用育毛剤として発売されていた薬用プランテル。

それが2018年6月にリニューアルしプランテルEXへと生まれ変わりました。

リニューアル後新たに追加された成分が、メーカー独自配合のペブプロミンα。

これは、AGAの原因となる5αリダクターゼの働きを抑制し、抜け毛を抑える効果が期待されているんですよ。

製薬会社と共同で開発したからこそ、効果の高い成分を最適配合しているプランテルEX。

効果は高くても副作用の心配はほとんど無いので、治療薬は不安だけどM字ケアをしたい!とお考えの男性におすすめです。

こんなプランテルEXですが、あまりの人気の高さから、品薄状態が続いていました。

現在では生産が再開されていますが、いつまた供給不足になってしまうか分かりません。

使用を検討されている方は、お早目に注文されることをおすすめします。

公式サイトはこちら

女性にはマイナチュレ

女性用の育毛剤としてはマイナチュレをご紹介したいと思います。

マイナチュレは、モンドセレクション金賞を5年連続で受賞した、高品質の育毛剤です。

96.5%のリピート率の高さも特徴です。

マイナチュレには注目成分ミツイシ昆布を中心に、27種の天然成分、10種類のアミノ酸を配合し、頭髪環境を整える働きをします。

無添加無香料なので、敏感肌の方でも安心して使用できるのが嬉しいですよね。

今なら期間限定で、通常価格5945円(送料別)のところ、初回購入980円になるキャンペーンを実施中です。

この機会を逃さぬよう、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

公式サイトはこちら

豆乳でM字ハゲを食い止めよう!

今回は豆乳がM字ハゲに、どのように効果的なのか解説してきました。

初期症状のM字ハゲに豆乳を用いることは非常に有効的ですし、コスト面でも続けやすくおすすめです。

Ⅿ字ハゲを食い止めるのは簡単なことではなく、長期的に見ていかなくてはなりません。

早期にM字ハゲ症状を発見して、予防のために豆乳を毎日の生活に取り入れていきましょう。

ただし、豆乳だけに頼るのは力不足なのも事実です。

本格的にM字ハゲを治すと考えた時は、その他の方法も取り入れて平行して行うことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です