イクモア(iqumore)の効果について解説!

スキンケアや健康維持だけでなく、今は抜け毛や薄毛・美髪ケアにもサプリを取り入れている人が多いんです。

その中でも特に人気のサプリが、「イクモア(iqumore)」で、女性用育毛剤として注目を集めています。

今回は、話題のイクモアの効果について徹底解説!

配合成分はもちろん、口コミでの評価や、男性が使用してもいいのかどうかもご紹介します。

イクモアに興味がある方はもちろん、育毛サプリ検討中の方もぜひチェックしてみてくださいね。

イクモアの配合成分とその効果

まずはじめに、イクモアに配合されている成分についてチェックしましょう。

イクモアには、全部で9種類のケア成分が使用されています。

  1. 大豆イソフラボン
  2. L-リジン
  3. L-アルギニン
  4. L-シトルリン
  5. 亜鉛
  6. パントテン酸カルシウム
  7. ケラチン
  8. ヒハツ
  9. シナモン

いずれも女性の頭髪環境を踏まえ、配合した成分です。

下記ではそれぞれの成分や、配合量についてご紹介します。

公式サイトをすぐに見る

大豆イソフラボン

1つ目の成分は、大豆イソフラボンです。

名前のとおりイソフラボンは大豆製品に多く含まれ、女性ホルモンと同じような働きをする成分です。

女性の場合、年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量が減っていきます。

L-リジン

2つ目の成分は、L-リジンです。

体内で作ることができず、食事から摂取する必要がある必須アミノ酸の一種です。

髪の毛はタンパク質から構成されるのですが、摂取したタンパク質は体内で一度アミノ酸に分解され構成し直されます。

L-リジンは体内で作られない上に普段の食事でも不足しがち。

主食となる米や小麦にも含まれるのですが、含有量は少ないため肉や魚、大豆をバランスよく摂取する必要があります。

L-アルギニン

3つ目の成分は、L-アルギニンです。

アミノ酸の一種ですが、こちらは体内でも作ることができる非必須アミノ酸です。

すべての細胞が代謝活動をする上で、成長ホルモンは欠かせないもの。

L-シトルリン

4つ目の栄養は、L-シトルリンです。

アミノ酸の一種ですが、体内で単体活動をする「遊離アミノ酸」という種類に分類されます。

亜鉛

5つ目の成分が、亜鉛です。

髪の毛に必要な栄養素としては有名なものですね。

亜鉛は、食事でとったタンパク質を髪の毛はもちろん、他の筋肉や骨、臓器といったものに作り替える働きがあります。

パントテン酸カルシウム

6つ目の栄養は、パントテン酸カルシウムです。

ビタミンB群に含まれる水溶性ビタミンの一種で、別名ビタミンB5とも言われる栄養素です。

女性の薄毛対策サプリとして有名な「パントガール」も、このパントテン酸カルシウムが元になっています。

肉や穀類など多くの食品に含まれ、通常通りの食生活であれば不足することはまずありません。

しかし過度なダイエットや、妊娠中で栄養が多く必要な女性では栄養補給にサプリを用いることがおすすめです。

ケラチン

7つ目の栄養は、ケラチンです。

上記で「髪の毛の主成分はタンパク質」とご紹介しましたが、ケラチンこそが髪の毛の主成分となるタンパク質です。

18種類のアミノ酸から構成されております。

よくシャンプーやトリートメントなどにも配合されていますね。

ヒハツ

8つ目の栄養は、ヒハツです。

古来から香辛料だけでなく生薬としても使われているコショウ科の植物の一種です。

ヒハツには「ピぺリン」という辛味成分が含まれております。

シナモン

9つ目の栄養は、シナモンです。

甘い香りでスイーツにも多く用いられ、スパイスの王様という別名もあるほど有名な香辛料です。

さらに、シナモン自体にミネラルが豊富に含まれています。

イクモアは男性が飲んでも薄毛対策になる?

魅力的な成分が多いイクモアですが、男性でも対策になるのか気になりますよね。

イクモアは、男性が飲んでも信頼できるサプリです。

ただし、男性の薄毛や抜け毛は多くの場合がAGAという脱毛症が原因だと言われています。

AGAが発症する根本的な原因は、男性ホルモンの増加です。

栄養不足も男性ホルモンを増加させる一因になりますが、AGAをすでに発症している場合はサプリだけで改善は困難です

生え際のM時ハゲ・頭頂部のO字ハゲのように局所的な薄毛が気になる場合、男性はAGAを疑ったほうがいいでしょう。

もし内側からのケアを検討中であれば、クリニックで処方してもらう内服薬がいいですよ。

AGA予防であれば、クリニックを検討してみましょう。

 

イクモアに副作用はあるの?

次に、気になるイクモアの副作用の有無についてご紹介します。

結論から述べると、イクモアに副作用は少ないです

冒頭からお伝えしているようにイクモアはサプリメントであり、体に強く作用する医薬成分は含まれていません。

上記で紹介したような、食品にも含まれる栄養成分がメインなので副作用のリスクは少ないのです。

ただし、いくら体にいいと言っても栄養の過剰摂取は体に負担となる可能性があります

イクモアに含まれている成分だと、亜鉛は過剰摂取によるリスクが確認されていますね。

また、イクモアにも含まれる大豆イソフラボンは1日の摂取上限が70~75mgとされています。

普段の食事に加え、サプリメントに含まれる大豆イソフラボンを過剰摂取すると悪影響が及ぶという研究報告もあります。

普通の食事にイクモアをプラスするだけなら問題は少ないでしょう。

しかし、別のイソフラボン配合サプリと併用する場合は、注意したほうがいいですね。

イクモアの価格は?

最後に、イクモアの価格をご紹介します。

公式サイトでの販売価格は下記のとおりです。

 

定価 30日分:7,470円(税抜)送料無料
90日分:16,200円(税抜)送料無料
定期 30日分:初回3,980円(税抜)送料無料
以降5,976円(税抜)
90日分:5,980円(税抜)送料無料
以降12,549円(税抜)

イクモアは、30日分(90粒)と90日分(270粒)の2サイズが展開されています。

口コミでも「価格が高い」という意見がありましたが、確かに定価はサプリにしては高額ですね。

しかし、定期便利用なら1ヶ月分初回は3,980円(税抜)、3ヶ月分も初回5,980円(税抜)とかなりお得に購入できますね!

2回目以降の価格も20%引きになっており、1日あたりの価格に換算すると下記のようになります。

30日分 定価:249円(税抜)/1日
定期初回:132円(税抜)/1日
定期2回目以降:199円(税抜)/1日
90日分 定価:180円(税抜)/1日
定期初回:66円(税抜)/1日
定期2回目以降:139円(税抜)/1日

定期利用なら1日あたり安くて66円(税抜)で利用できるので、そこまで高いわけでもないですね。

また、イクモアの定期は解約規約が厳しくなく、利用回数に関わらず休止・中止がいつでもできますよ。

初回価格で試して、もし納得できなければ解約も可能です。

イクモアを購入するなら、お得な90粒タイプを定期便で利用するのがおすすめです。

公式サイトはこちら

イクモア(iqumore)を試してみよう!

いかがでしたか?

すごく珍しい成分を使っている!という商品ではないものの、髪や頭皮に必要な栄養がバランスよく配合されているサプリです。

薄毛や抜け毛に悩む方はもちろん、健康的で美しい髪の毛を育てたい方にぴったりのサプリですね。

内側からのヘアケアに興味がある方は、ぜひこの機会に育毛サプリ「イクモア」を試してみてはいかがでしょうか。